葬儀ガイド

ご葬儀のマナーについて

仏式「焼香」

仏式のお通夜・ご葬儀・法事には必ず霊前へのご焼香が行われます。
※焼香の作法は宗旨、地域により異なります。

1.ご霊前又は焼香所まで進み、手を合わせて軽く拝礼。

2.香をつまみ、軽くいただき香炉へ。
(一部宗派では香をいただかない場合がございます)

■宗派別焼香の回数

曹洞宗…2回(1回目はいただき、2回目はいただきません。) 浄土宗…回数に決まりはありませんが、1回又は3回。
天台宗…1回又は3回。 日蓮正宗…3回
日蓮宗…3回 真宗大谷派…いただかず2回
臨済宗…決まりがありませんが、1回が多い。 真宗高田派…いただかず3回
真言宗…3回 浄土真宗本願寺派…いただかずに1回

神式「玉串奉奠」

神式では仏式の焼香の代わりに玉串奉奠を行います。
※玉串奉奠の作法は宗旨、地域により異なります。

1.神前の前に進み、神官の前で、一礼。
2.玉串を受取、左手で下から支え、右手で根元を持ち、神前まで進む。

神式では仏式の焼香の代わりに玉串奉奠を行います。
※玉串奉奠の作法は宗旨、地域により異なります。

キリスト教「献花」

キリスト教では焼香の代わりに献花を行います。
※献花の作法は宗旨、地域により異なります。

1.花が右、茎が左に受け取り、献花台まで進みます。

2.花が手前になるように持ち直し、捧げます。そのまま下がり、一礼をします。

※献花でなく献香をする場合もあります。信徒でない方は黙祷か一礼で良いでしょう。

  • エンバーミングについて
  • ご葬儀の流れについて
  • ご葬儀後のサポートについて
  • スタッフ紹介
  • ご葬儀のマナーについて
お急ぎの方へ 新潟地区0120-24-4999 長岡地区0120-4999-70 県央地区0120-4999-87 上越地区0120-4999-09